相続した不動産物件の売却はプロに依頼して正解

他界した両親の物件整理

他界した両親の物件整理査定額より高く売れた!他は賃貸にして副収入にした

相続したいくつかの不動産物件を整理することが必要となり、いろいろと検討をした結果、最も高い査定価格を提示してくれた業者に売却することができました。
自分が相続したのは、都心部に両親が居住していた平成20年完成の比較的新しいマンションと、両親がマンションに移住する前に暮らしていた郊外にある一軒家、その周辺で所有していた賃貸アパート2棟、そしてアパート建設予定地であったおよそ150坪の土地です。
病気のために父と母が相次いで他界したことから、自分が相続をすることになったのですが、相続税の対策などをする間などもなかったために比較的大きな金額の税金を納める必要が発生しました。
直接相続するのは一人息子である自分だけでしたので、何らかの形で整理することが求められる状況となってしまいとても困っていたのですが、物件を売却すること、自分で管理できる物件はそのまま引き継ぐこと、賃貸に出せる不動産はそのまま収益物件として貸し出すことと整理をすることになりました。